コールセンター情報をお届け|CCプラス

【コールセンター求人の業界事情】テレアポってどんな仕事内容なの?

[最終更新日]

20140307182206-152S

コールセンター求人にあるアウトバウンド業務の代表に、テレアポ(テレフォンアポインター)があります。企業の電話営業担当として、顧客の新規獲得のためにテレアポを行うことが主な業務です。

ここでは、テレアポの具体的な業務内容やテレアポの仕事に向いている人、給与体系について詳しく紹介しています。

テレアポの基本的な仕事内容

コールセンター求人未経験の方も、テレアポと聞けばだいたいの業務内容をイメージできるかと思います。テレアポの仕事を簡単に言えば、企業の商品やサービスを知らないお客様に電話を掛け、アポイントを獲得したりセールスを行ったりする仕事です。

通常の営業と異なる点は、外出が無く、快適なオフィスでのみ営業活動を行うことができます。

テレアポはノルマが厳しく、つらい仕事って本当?

af9920075519l

テレアポの仕事で良く言われるデメリットとして、ノルマ(目標)を達成することができず、その厳しさに精神的なつらさを感じることがあります。しかし、ノルマが設定されないテレアポの仕事もあり、またノルマが設定されていてもペナルティは無いというケースがほとんどです。

また、コールセンター求人側から何のサポートも無いかと言えばそうではなく、配属前の研修やロールプレイングが徹底されていたり、高い給与や賞与(インセンティブ)を得ることができたりと、テレアポの仕事を選択する大きなメリットも存在します。メリット・デメリットを比較して、自分に向いていると感じたら、是非テレアポの仕事にチャレンジしてみてください!

テレアポで身に付くスキルとキャリア

テレアポは電話で営業する仕事であるため、営業力やコミュニケーション能力を高めることができます。また、お客様との会話を通じて、現在求められている商品やサービスをいち早く察知できるマーケティング能力も身に付けることができるでしょう。

実際に、元営業職の方や販売員の方が、経験やスキルを活かしてテレアポの仕事を選択するケースが多い様です。もちろん、未経験の方もコールセンター求人会社の研修を経てテレアポの仕事をすることができます。

また、テレアポの経験を積むことで、他業界・他業種の営業職・販売職への転職を有利に進めることが可能です。

テレアポのメリット

02

営業力・ビジネスマナーを習得できる

テレアポの仕事は、電話を通じて明確に分かりやすく話をすることが求められるため、営業力を高めるにはうってつけの仕事です。多い日には1日100件以上の電話を掛けることもありますので、数をこなしながらスキルを磨くことができます。

また、相手の表情や仕草を見ることができないテレアポでは、より丁寧で正確なビジネスマナーを求められるため、社会人経験の無い大学生にとって良い経験となるでしょう。

給与や待遇が優れている

他のコールセンター求人業務と比較して時給が高めに設定されていることや、賞与(インセンティブ)を得られるケースがあることはご紹介しましたが、他にも就業時間やシフトの自由度が高いことや、営業職とは違って服装や髪型が自由であることも、テレアポの仕事をする大きなメリットです。

テレアポのデメリット

電話営業ならではの難しさ・つらさがある

まず、直接相手に合わなくて済むというテレアポのメリットは、人によってはデメリットに感じることがあります。

例えば、顔が見え無いことが原因でお客様に心無いことを言われてしまったり、話好きなお客様の長電話に付き合うことになってしまったりということに対してストレスを感じる方もおられるでしょう。また、基本的に座った状態で1日の業務を行うため、腰痛や肩こりなど身体の不調が発生してしまうケースもあります。

テレアポの時給と賞与(インセンティブ)

テレアポの時給は、一般的なコールセンター求人の時給よりも更に高く設定されていることが多く、1,000円~3,000円ほどの時給を得ることができます。実際の給与査定は、テレアポの目標達成率などの成果を元に行われることが多いため、やりがいを感じやすく高時給を期待できる仕事です。

また、特に電話営業の難しい高額の商品やサービスを取り扱う場合、高めの時給が設定されることが多いでしょう。

テレアポでは時給(ベース給)とは別に、賞与(インセンティブ)が設定されているケースもあります。企業によって賞与の有無や金額は異なりますが、1件のアポイントあたり数千円の賞与を獲得できるため、自身の成果に対してダイレクトに給与を得たいという方には働きがいの大きい仕事です。

業界別テレアポの業務内容

テレアポ業務によって得られる収入について解説したところで、次にテレアポを募集していることの多い業界をご紹介します。業界によっては専門性が高いので、就業開始時には覚えることが多いですが、専門知識や業界知識が習得できるメリットもあります。専門知識やノウハウが身につくと、テレアポの仕事での転職も可能になりますので、一石二鳥ですね!

金融業界のテレアポ

金融業界のテレアポではどのような業務を任されるのでしょうか。これまで金融業界に携わったことのない方であれば、まず「難しそう…」と思ってしまいがちですが、意外にも身近な内容が多いようです。

  • 例えば…クレジットカードを取り扱う信販会社のテレアポ
  • これまでクレジットカードを使ったことのある方なら、一度は電話したことがあるのではないでしょうか。クレジットカードの紛失や名義変更はもちろんのこと、付帯サービスや上限額の変更などもテレアポで申し込み手続きができます。

    クレジットカードを取り扱う信販会社でのテレアポでは、そのような対応を求めるお客様に電話を通じてご案内をする業務を担当することになります。

    テレビショッピング業界のテレアポ

    深夜にテレビをつけたら目にするテレビショッピングは比較的身近な業界ですよね。テレビショッピング業界のテレアポでは、どのような業務を任されるのでしょうか。

  • 例えば…お客様窓口スタッフ
  • 商品をテレビショッピングで購入されたお客様から「使い方がわからない」「組み立て方がわからない」といった相談を受けた際に、適宜対応する役目となります。

    また、その相談内容を記録して、どのような質問がお客様から多発しているかを会社に報告することも業務の一貫となることが多いようです。

    不動産業界のテレアポ

    不動産業界のテレアポと聞くと、「マンション購入を促す営業電話かな…」と想像される方が多いかと思いますが、業務は決して営業電話だけではありません。それでは一体どのような業務があるのでしょうか。

  • 例えば…入居者のサポート
  • マンション購入を促すのではなく、すでに入居されているお客様からのお問い合わせに対応するのもテレアポの業務です。

    マンション内の設備の使い方や故障の相談があった場合には、適宜関連会社や管理者に連絡し、その相談があった旨を会社に報告します。これまで接客業務に携わったことのある方、そして簡単なPC入力ができる方であればとっつきやすい業務と言えるでしょう。

    テレアポの仕事に向いている人

    成果志向やキャリア志向の強い方、お客様に交渉して説得することが好きな方、自分のペースで仕事を進めたい方、企業の電話営業担当として企業の売上に貢献したいと感じる方は、テレアポの仕事に向いています。

    テレアポと聞くと、とにかく売り込んで説得するイメージを抱きがちです。しかし、お客様のニーズや課題を丁寧にヒアリングして、適切な商品やサービスを提案する力が重要視されます。

    テレアポは時給以上の収入を得たい人に向いている

    テレアポの仕事には時給とは別に賞与(インセンティブ)が得られるケースがあることは先に紹介しましたが、賞与があるという点に注目するとテレアポは時給以上の収入を得たい人に向いていると言えます。

    働いた分は時給としてお給料をもらえるのは当然ですが、プラスアルファで賞与をもらえるのはテレアポの大きな魅力です。賞与の金額もテレアポの求人を選ぶ際の大事なポイントとなります。

    お給料は時給分だけいいかと考えるか、時給以外の報酬も得たいと考えるかが、向き不向きを分けるポイントです。前者の考えなら必ずしもテレアポである必要はありませんが、後者の考えを持っている人にはテレアポが向いています。自分が努力して成果を得た分が賞与として反映されるので、頑張りがいがあるといえるでしょう。

    また、努力して成果を得てもお給料に反映されないのは辛いし、モチベーションが下がってしまうという人にもテレアポは向いています。やはり賞与という目に見える形で評価してもらえるのは嬉しいものですし、成果に反映して賞与が得られればもっと成果を増やそうという気になるはずです。

    ただなんとなく日々の業務をこなしてお給料をもらうだけの仕事ではなく、自分の努力に比例して収入が増える仕事がしたい人はテレアポ向きの性格であると言えます。

    テレアポの仕事は気持ちの切り替えが大事

    営業もそうですが、100件営業やテレアポをかけて100件成約をとれる百発百中の人はまずいません。どんなに優れた営業スキルを持っている人でも断られることはあります。

    テレアポの仕事は気持ちの切り替えが大事で、1件断られたからといって落ち込んでいてはテレアポの仕事は務まりません。それに、むしろ断られることの方が多いので全然気にすることはないのです。テレアポは経験を積んでコツを掴めば成約率は上がってくるので、断られることで経験値が上がると考えれば気持ちも楽になります。

    テレアポでしてはいけないのは、前のテレアポを引きずって声のトーンが暗くなったり、消極的になったりすることです。そうなると悪循環に陥ってしまうので、前のテレアポで嫌な思いをしたとしても次のテレアポではスパッと気持ちを切り替えましょう。

    テレアポの仕事をしていると、そうした気持ちを切り替えができるようになってきます。そうした気持ちを切り替えるスキルは、日常生活で嫌な思いをした時にも役立つことも。

    嫌なことにいつまでも囚われていても自分のプラスになりませんし、上手にかわした方が得策です。これもテレアポをすることで身につくひとつのスキルと言えます。

    よくメンタルが強い人の方がテレアポに向いていると言われますが、耐えるよりも上手に気持ちを切り替えて柔軟に対処できる人の方がテレアポには向いています。性格によっても向き不向きがありますので、ご自分の性格をふまえてテレアポの世界に飛び込むかよく考えてみてください。

    コールセンター求人ナビでは、業務未経験の方を歓迎している勤務先も多くあります。また、時給1500円以上の求人も多数ご紹介できるので、コールセンターのお仕事に興味をもった方はぜひ登録してみてください。あなたの要望に応える求人をご紹介いたします。


    【この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。】
    【コールセンター求人の内部事情】意外と知られていない!?コールセンター業務とは?

    関連するお仕事情報

    記事に関連する求人一覧を見てみよう!
    「アポインター」コールセンターの求人一覧はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    あなたにおすすめの記事

    CCプラスとは?

    コールセンターのバイトってどんな仕事?

    コールセンターで正社員になる

    ピックアップ記事

    最新情報:業界情報

    最新情報:エリア情報

    ハイクラスCS情報 ForBiz

    人気のテーマ

    コールセンターで働く人の生の声

    コールセンターお悩み相談室

    コールセンターのアンケート・ランキング

    ページ上部へ戻る