コールセンター情報をお届け|CCプラス

時給1,500円の派遣やバイトの探し方。バイト情報サイトにも載らない求人は、専門企業で探すのが正解◎

[最終更新日]

「どうせ働くならたくさん稼げる仕事をしたい!」そう考えている人は多いのではないでしょうか。特に派遣やアルバイトの場合、高時給の条件として1,500円以上がひとつのラインとなっていると思います。でも、時給1,500円以上の求人に絞って探してみると求人数はぐっと少なくなってしまうものです。

では、どのように高時給の派遣やアルバイトを探せば良いのでしょうか?実は、高い時給でガッツリ稼げる職場で働くためにはコツがあります。そのコツをご紹介していきたいと思います。

時給1,500円の派遣やバイト、コールセンターなら無理じゃない

時給の高い派遣やアルバイトと聞いて、どんな職種を思い浮かべるでしょうか?
厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、各業界のアルバイト平均時給額は次の通りとなっています。

◆家庭教師:1,821円
◆介護・ヘルパー:1,360円
◆製造業:1,117円
◆パチンコ・スロット:1,200円
◆運輸業、郵便業:990円
◆コンビニ・スーパー:1,000円
◆宿泊業、飲食サービス業:950円
◆コールセンター(テレフォンオペレーター):1,462円

専門の知識や技術が必要な仕事ほど時給が高い傾向にあることがわかります。一方で、資格などが必要なく、初心者でも始めやすいのがコールセンターの仕事です。全国平均の時給が1,462円なので、1,500円をこえる時給の仕事が多く見つかるのです。

コールセンターの時給はなぜ高い?

「コールセンターはキツイ仕事だから時給が高いだけなんじゃ…」と二の足を踏んでしまう人もいると思います。確かにコールセンターの仕事は大変なところもありますが、実は、時給が高いのはそれだけが理由ではないのです。

よりたくさんの人材を確保していかなくてはいけないから

こういった理由を目にすると「辞めていく人が多いということは、きつくてブラックなのかな…」と思ってしまうかもしれませんが、実際には「きつくて辞めた」という人は想像ほど多くありません。

カスタマーセンターや電話でのセールスを行うコールセンター業務では、常に人手不足という状態にあります。人手が足りていない理由は、「辞める人が多いから」に他なりません。

なぜそのような状態になるかというと、「コールセンターをやりながら他の仕事を探している」人が多く働いているからです。もちろん長く働いている人や、時間の融通が利く働き方がしたい主婦の人もいますが、辞める人が多い理由としては、コールセンターの仕事を「つなぎ」にしている人が多いことが挙げられます。

つまり、コールセンターの仕事は「つなぎ」としても十分な収入が得られ、辞めやすいという特徴を持っているということ。

コールセンターの仕事は資格がなくても高い時給を得られるので、とりあえずの生活をしていくには満足な収入が確保できます。さらに業務の引き継ぎなども必要ないため、転職が決まったらすぐに辞めやすいという点も「つなぎ」として選ばれる理由です。

結果的に人の出入りが激しい業界となり、必然的に時給も高い水準を保っているのです。

知識を詰め込まなければいけないから

時給が高い理由としてもう1つ挙げられるのは、「覚えなければいけないことがたくさんある」ことです。

コールセンターの仕事は、1対1の電話できちんとお客様の対応することが求められるため、他の派遣やアルバイト業務と比べると顧客対応の部分で覚えなければいけないことがたくさんあります。たとえばスマートフォンのカスタマーセンターであれば、スマートフォンの機能はもちろん、アプリのインストールやOSのアップデート、通話や契約についての問い合わせがあるかもしれません。もちろん、マニュアルは用意されていますが、ある程度の知識を覚えないことには、お客さまへの対応がスムーズに行えません。

コールセンターにはさまざまな業種の仕事があり、金融や法律など専門的な知識が必要となるサービスも数多くあります。そんな知識を身につけることも業務に含まれるため、時給を高く設定しているコールセンターが多いのです。専門的な知識が身につくことは、キャリアアップにもつながるので、ぜひ前向きに知識を身につけていくようにしましょう。

真面目に企業が運営している場所だから

「ブルーカラー」「ホワイトカラー」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?コールセンターの仕事に限らず、オフィスでパソコンなどを使って働いている人のことを「ホワイトカラー」と呼びます。それに対して、生産ラインや飲食店など肉体労働を伴う仕事をしている人は「ブルーカラー」と呼ばれます。そして、一般的に「ホワイトカラー」と呼ばれる仕事の方が時給は高くなる傾向にあります。

しかも、コールセンターはお客様とつながる窓口としての役割を担っている場合がほとんど。いい加減なシステムで運営していては、企業のイメージ低下にもつながってしまいます。だからこそ、きちんと予算を取って運営されているところが多いのです。これもまた、コールセンターの時給が高く設定されやすい理由の1つとなっています。

未経験から時給1,500円以上の仕事に採用されるコツ

未経験から時給1,500円以上の仕事に就くには、ちょっとしたコツがあります。それは、はじめからコールセンターに特化した派遣会社、求人紹介会社を利用することです。

コールセンター求人を専門に扱っているということは、それだけ業界の情報を多く持っていて、良い求人が多かったり、業界内の事情に詳しかったりという特徴があります。これは大手派遣会社にはなかなかできないこと。だからこそ、より良い条件でたくさんの案件の中から自分に合いそうな案件を見つけることができるのです。

「コールセンターで働く」と決めているのであればぜひ、はじめからコールセンターを得意とする特化型の会社を活用してみてください。

こういった特化型の派遣会社では、就職を希望する人に向けて無料のカウンセリングを行っていることも多いです。カウンセリングでは、担当のカウンセラーがあなたの経歴や希望、適性を考慮して、向いている仕事を紹介してくれるでしょう。

さらにカウンセラーは、企業との間に入ってさまざまな交渉、調整の役割も担ってくれます。自分では伝えにくい給与面や働き方の希望も、カウンセラーが上手に伝えてくれます。高い時給、待遇についても相談できる可能性があるので、未経験でも自分の希望に近い仕事に就ける可能性が高いのです。

加えて、派遣会社や求人紹介会社には、webやハローワークで紹介されていない「非公開求人」があるので、その中に高時給の仕事が眠っているかもしれません。その企業の仕事内容はもちろん、社風や人間関係も教えてもらえるため、自分で求人を探して応募するよりも「想像と違った」といったミスマッチも起こりにくくなっています。

未経験から高時給の仕事をしたいのであれば、まずはコールセンターに特化した派遣会社や求人紹介会社に登録することです。プロのアドバイザーと二人三脚で仕事探しを進めていくことをおすすめします。

コールセンターで時給1,500円のバイトを探すなら

時給1,500円以上のコールセンターで働きたい人におすすすめしたいのが「コールセンター求人ナビ」です。

「コールセンター求人ナビ」は、ウィルオブが運営するコールセンター業界でバイトの求人数がトップクラスのお仕事紹介サービスです。全国各地に拠点があるため、日本中で多くの人が「コールセンター求人ナビ」を通してコールセンターの仕事を見つけています。仕事探しをしている人を強力にバックアップするための体制を整え、大手企業の求人も多数扱っているのが特徴です。

  • 日本最大級。常時1,000件以上の案件が揃っている
  • コールセンターに特化してきたからこそ、大手企業の求人も多い
  • 実績を信頼して、ウィルオブだけに案件を公開している非公開企業もある
  • 的確でわかりやすいアドバイスがもらえるおかげか、面接通過率は87.2%

ウィルオブの扱っている求人には非公開求人が多いため、カウンセリングを受けることでより希望に近い仕事をマッチングしてくれます。書類選考や面接の対策もサポートしてくれ、入社後のフォロー体制も整っているため安心して仕事を始めることができるでしょう。

さっそくコールセンター求人ナビの登録会に申し込んでみる

おわりに

時給1,500円以上の仕事は業種を選べば見つけることができそうです。
しかし、学歴や資格が必要になる仕事も多いため、未経験で高時給を目指すならばコールセンターを検討してみるのが良いです。

さらに、コールセンターで好条件の仕事を探すのなら、コールセンターに特化した派遣会社や求人紹介会社を。希望に近い求人と出会える可能性が広がります。

自分に合った仕事を見つけるためにも、より好条件で働くためにも、ぜひ自分の希望を聞いてもらえそうな派遣会社を選んでいきましょう。

関連するお仕事情報

「1500円以上」で検索したコールセンターのお仕事一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

CCプラスとは?

コールセンターのバイトってどんな仕事?

コールセンターで正社員になる

ピックアップ記事

最新情報:仕事・働き方

最新情報:エリア情報

ハイクラスCS情報 ForBiz

人気のテーマ

コールセンターで働く人の生の声

コールセンターお悩み相談室

コールセンターのアンケート・ランキング

ページ上部へ戻る