• 来社登録(お仕事紹介)
  • 0120-106-914

体験談・コラム

体験談・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険会社のコールセンター採用後に誰もが取得する保険募集人資格とは?

保険会社のコールセンターで働くためには、保険募集人資格を取得しなければなりません。とはいっても、応募や面接の時点では資格の話すら聞いたことがない人がほとんどでしょう。誰でも、保険会社のコールセンターに採用されたのち、研修を受けつつ保険募集人資格を取得しますが、その試験の難易度や問題の傾向・勉強方法などについてご紹介します。

保険募集人資格の勉強

☆保険募集人資格とは

損害保険や生命保険の募集の際、保険商品の説明をするだけの知識があるか確認するための資格です。この資格がなければ、保険の募集をすることができません。自動車免許がなければ、自動車を運転できないのと同じ道理です。したがって、保険会社のコールセンターで働く場合には、必ず必要になる資格と言っても過言ではありません。

損害保険募集人資格と取るためには損保一般過程試験、生命保険募集人資格を取るためには生保一般過程試験に合格する必要があります。

☆保険募集人資格をとるための試験の難易度は?

なんだか、保険募集人資格と聞くと、物騒な難しそうな名前ですが、試験の内容はさほど難しくはありません。自動車運転免許証の学科試験をイメージしてもらうと良いですが、受かる人が殆どです。

全く勉強しなければ通らないかもしれませんが、聞きなれない用語を間違えずに覚えることができれば、100点を目指すことも可能な内容となっています。合格率は公表されていませんが、100点中約70点以上で合格です。多くの場合、1~2ヶ月の研修期間の間に取得します。

☆どんな問題が出るの?

試験問題は基礎的な知識が中心となっており、出題形式には次のような特徴があります。

生命保険募集人資格の場合、○×問題がほとんどで、全体の95%を占めます。残りの5%はというと、計算問題です。さらに過去問とほとんど同じ問題が出ることが多く、過去問を見ておくことが試験対策として有効です。

損害保険募集人資格の場合は、ペーパーによる試験ではなく、コンピューター試験となっています。パソコン画面上で問題が出題され、答えをクリックして解答していきます。問題は、○×の組み合わせ、四択、語句選択などで構成されています。

☆勉強方法は?

スクールや講座はあまり開かれておらず、損保会社から支給されるテキストや市販のテキストで独学し試験に臨むのが一般的です。

また、次のようなインターネット上で勉強できるサイトも存在します。

上記のサイトは2年前に作られており、少し情報は古めですが、勉強には役立ちそうです。

☆保険会社のコールセンターの仕事って実際どうなの?

時給が高く設定されていることが多いのは事実

保険会社のコールセンターの仕事は、専門的な知識が求められるものです。そのために試験があり、資格が必要となります。

保険とは何かという基礎的なことはもちろん、会社で取り扱っている保険商品を把握しておかなくてはなりません。こういった専門性のあるコールセンターの仕事は時給が通常より高く設定されています。

勉強も必要な上にクレーム来そう・・・大変なのでは?

試験にパスしなくては働くことができないため、研修中はたくさん勉強することになります。でも、研修をする側にも、「全員を試験に合格させなければいけない」という責任がありますので、未経験者にも分かりやすく工夫されています。忙しい主婦の方でも未経験から一発で合格されるほどなので、この点については心配は不要でしょう。

保険は「保険料」「保険金」「解約金」など「お金」がかかわる仕事です。お金が絡むと人は感情的になりやすく、クレームに発展することも少なくありません。

クレームを受けたときには、コールセンターにクレームを入れる人は、「あなたに対してのクレーム」ではなく、「第三者のあなたに、話を聞いてもらいたくて電話をしてくる」ということを意識すると良いでしょう。あなたが悪い訳ではありません。あなたは堂々と対応すれば良いのです。

☆保険のコールセンターの求人を探してみよう!

保険のコールセンターは最初に覚えることは多いですが、研修さえクリアしてしまえば、回数をこなして慣れていくだけです。クレームは割り切って堂々と対処しましょう。研修とクレーム処理の2点がクリアできれば、どんな保険のコールセンターでも活躍することができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ登録会に応募スタッフ登録会に応募

関連記事

コラムトップに戻る

  • 正社員を目指すならこちら
  • 検討中BOXを見る
  • スタッフ登録会に応募
  • 電話で応募する

上に戻る

上に戻る