• 来社登録(お仕事紹介)
  • 0120-106-914

体験談・コラム

体験談・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コールセンター求人の内部事情】腰痛は女性の大敵!座りっぱなしの仕事をラクにするコツって?

コールセンター求人では、ほとんどデスクに座りっぱなしで仕事をすることが多いため、腰痛や肩こりにお悩みの方は大勢います。腰痛持ちになってしまうと、なかなか改善することが難しいため、日頃から腰痛にならないように工夫をして働くようにしましょう!ここでは、腰痛の予防策や対策についてご紹介します。

new_72cc2959497ee29fd42960a892ba0a3c_s

座りっぱなしの仕事は腰痛になりやすい

コールセンター求人のオペレーターの仕事のように、座りっぱなしの仕事は腰痛を引き起こしやすいというデメリットがあります。体重や姿勢を保つための負荷の多くが腰にかかってしまい、身体を動かすシーンも少ないため、気づかぬ内に腰痛持ちになってしまう方も少なくありません。

身体を動かすことが少なく、常に筋肉が緊張状態に

とにかく業務中に身体を動かすことが少ないため、血行が悪くなったり腰周りの筋肉が緊張状態になったりしやすいという問題が発生します。筋肉の緊張状態が恒常化してしまうと、腰痛だけでなく肩こりや身体の冷えも引き起こしてしまうため、注意しておきましょう。

筋肉が少なく冷え性の女性は腰痛になりやすい

女性は男性と比較して筋肉量が少なく姿勢を維持することが難しいという特徴があります。筋肉量が少ないということは、より姿勢が悪くなりやすかったり、腰に負荷がかかりやすくなったりということに繋がります。また、冷え性にお悩みの女性の方は、より腰痛になりやすいという傾向があるため、冷え性の改善を行うことも腰痛予防に大切です。

腰痛を防ぐオススメの習慣

正しい姿勢を心掛けることが基本

腰痛を予防するためのシンプルな対策として、日頃から正しい姿勢を心がけるということが挙げられます。猫背など姿勢の悪さが日常化している方は、腰や背中など特定の部位に大きな負荷がかかっており、その負荷が筋肉の緊張状態を引き起こし、結果として腰痛や肩こりが発生します。オペレーターの業務は座りっぱなしであることが多いため、座る姿勢を見直すだけで腰痛や肩こりが改善するケースもあります。

業務中も簡単なストレッチを行おう!

身体を動かさないことが腰や背中に悪影響を与えることが多いため、業務中も簡単なストレッチを行うなど可能な範囲で身体を動かすようにしましょう。1時間おきに3分など時間を決めて、コツコツと毎日続けることで腰痛や肩こりの改善を期待することができます。また、お昼休みなど長い休憩時間があれば、オフィスを出て少し散歩をしたり長めにストレッチをしたりすることも効果的です。

運動をして筋肉を鍛えよう!

筋肉量が少ないことが腰痛や肩こりの原因であることも多いため、運動の習慣が無い方は運動をして筋肉を鍛えることをお勧めします。いきなり走ったり筋トレをしたりしてしまうと、逆に筋肉を痛めて腰痛や肩こりの原因になってしまうケースもあるため、ゆるやかに散歩や水中ウォーキングなどを始めてみると良いでしょう。

オペレーターの腰痛を和らげる便利グッズ

腰に巻くサポーターはとても便利

すぐに姿勢を改善し腰への負担を軽減するために、市販のサポーターを使ってみてはいかがでしょうか?数千円程度で購入することができ、付けていることが分からない薄いタイプのサポーターも市販されているため、女性も使いやすいものとなっています。高価なサポーターであれば、腰から背中まで全体を支えることができるものもあるため、ひどい腰痛や肩こりにお悩みの方は是非お試ししてみることをお勧めします。

腰やお尻にクッションを当てて腰の負担を分散しよう!

手軽に腰痛を和らげるグッズとして、腰やお尻に当てるクッションを使ってみてはいかがでしょうか?こちらも数千円程度で購入することができ、固定のデスクが無い職場に最適な持ち運び可能なクッションもあるためとても便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ登録会に応募スタッフ登録会に応募

関連記事

コラムトップに戻る

  • 正社員を目指すならこちら
  • 検討中BOXを見る
  • スタッフ登録会に応募
  • 電話で応募する

上に戻る

上に戻る