• 来社登録(お仕事紹介)
  • 0120-106-914

体験談・コラム

体験談・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コールセンター求人の内部事情】社内恋愛が同僚や上司にバレずに上手く関係を保つ方法とは?

【コールセンター求人の内部事情】意外と批判の多い社内恋愛を、上司に秘密にしながら続けていく注意点をご紹介します。

社内恋愛の基本は周りへの配慮です

社内恋愛を禁止する会社は結構多く存在します。その理由の多くは、社内風紀を守るためだとされています。学生時代のようなルンルン気分でお仕事ができているうちは良いのですが、恋人の行動が気になって仕事が捗らなくなり、周囲の人間との関係がギクシャクするとなると、上司としても放ってはおけません。

ましてや、恋人関係が継続できなくなった場合に、「同じ職場に居るのですら耐えがたい」と感じるカップルもいるでしょう。社内恋愛が破綻した社員が感情をそのまま職場に持ち込んでしまっては、「業務への悪影響は避けられない」と経営者や管理職が判断するのも当然と言えます。

しかし、社員である前に一人の人間ですから、結果として会社が出会いの場となることも、また当然と言えます。社内恋愛が御法度とされている会社での社内恋愛を成就させて、幸せに暮らしている先輩カップルもたくさんいます。

もちろん、会社のルールを破ることはいけないことですが、恋愛は会社規定の中で収まるとは限りません。また、会社の上司や同僚も、やみくもに規則に囚われているはずもないのです。

同僚や上司にバレずに上手に関係を保つということは、周囲の方々にきちんと配慮すると言い換えることができるはずです。先輩カップルの意見を参考に、会社の上司や同僚にバレずに上手く関係を保つその秘訣をまとめてみました。

new_0be914ba8b7401b4c33983eaa10e0ff8_s

二人のルールが社内恋愛を成功に導きます

さて、社内に交際相手ができた場合、まずは、すぐにルールを決めましょう。付き合い始めの頃は、「まだ手探り状態で交際が続くのか分からない」と先のことを考えるのを避ける傾向にあります。

だからこそ、お互いが後々困った状況に陥らないように、お互いを守るためのスタンスが大切なのです。社内で快適に過ごし、万が一、別れてしまった場合でもわだかまりが残らないように、しっかりと社内恋愛だという事実に向き合いましょう。

具体的には、社内では恋愛している関係である事を公表しない、もしくは公表すると、はっきり決めることから始まります。一方が公表する気がないとしても、もう一方がバレても良いと思っていれば、絶対に周囲は気づき、バレてしまうものです。そうなってから真剣に相談しても、時すでに遅しとなってしまいます。問題にならなければ良いですが、上司の判断や会社の規定により、どちらかが移動しなければならないなんてこともあるかもしれません。

出来る限り早い時点で、互いの気持ちや希望する方向性を確認し、より具体的に社内ではどういうスタンスを取るのかなど相談しましょう。そして、キチンと納得した上でルールとして厳守するようにすることが大切です。

仕事に集中すれば社内恋愛は上手くいく

社内での立ち振る舞いや仕草は、自分たちが思うより正直なものです。慎重にしすぎればぎこちなくなりますし、軽率に対応すれば社内での立場に影響する可能性があります。初歩的ですが、職場でニックネームやファーストネームで呼びあうようなうっかりミスをしないように心がけましょう。

また、結構ありがちなのが、「思わず見つめ合ってしまう」や「微笑みかけてしまう」などの恋人なら当たり前の仕草や行為が、周囲の人に気付かれてしまう原因になってしまうことも多々あります。

その他、お揃いのアイテムを持っていたり、朝一緒に通勤してしまったり、会社の近くで待ち合わせをした現場を目撃されてしまったりなど、せっかく社内ではうまく振舞えているのに、今までの努力を台無しにしてしまいかねない行為には、細心の注意を払わなくてはなりません。

それから、社内恋愛が禁止でないとしても、二人が付き合っていると気付かれて、社内が気まずいムードになってしまうのは避けたいものです。社内恋愛であるうちは、お互いの呼び名をファーストネームで呼ばないなど、徹底的に同僚としてのスタンスを崩さないこと、必要以上に社内で接点を持たないこと、そして、最も重要なことですが、仕事に集中することが、社内恋愛が同僚や上司にバレずに上手く関係を保つ方法なのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ登録会に応募スタッフ登録会に応募

関連記事

コラムトップに戻る

  • 正社員を目指すならこちら
  • 検討中BOXを見る
  • スタッフ登録会に応募
  • 電話で応募する

上に戻る

上に戻る