• 来社登録(お仕事紹介)
  • 0120-106-914

体験談・コラム

体験談・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コールセンター求人の給料事情】頑張って稼いだ給料、どれくらいまでなら趣味に使えますか?

毎月、頑張ったご褒美として受けとるお給料ですが、生活費や貯金以外にも使い道はありますよね。例えば趣味に多少のお金を使うのも、仕事に励める理由になるかもしれません。一生懸命働いて適度に遊ぶというのが理想ではないでしょうか。

でも、人それぞれ収入や趣味は違うでしょうから、どれくらい出費しているのか分かりませんよね。そこで、一定の給料があった場合、どれくらい趣味にお金を使うかについてアンケートをとってみました。

27

生活や貯蓄のことを考えるとせいぜい一割くらいが限度では?

アンケートの結果、2万(10%)という回答が最も多く選ばれました。

・趣味なら、10%程度です。けれど、仕事に対する投資ならば、もっと利率を上げます。(40代/女性/パートアルバイト)
・派遣の仕事だと収入はとても貴重なので、収益の得られない趣味にたくさんは使えないです。(30代/女性/無職)
・先行きの事を考えると趣味には割かなくても良いと思うが、それでは仕事へのモチベーションが低下するから。(40代/女性/会社員)
・手取りが幾らだとしても、趣味に使うのは1割くらいに収めておきたい(30代/女性/専業主婦)

全体のほぼ3分の2の人がこの回答を選びました。月々の生活費を中心にして貯蓄も考えると趣味に回せる金額はこれくらいが限度といえるでしょう。

全く趣味を持たないのは働くうえで物足りないけれど、投資できたとしても1割くらいと考えている人が多いのでしょう。派遣で仕事をしている場合、どうしても先々のことを考えてしまうので、趣味にあまり多く出費したくないのかもしれません。

new_c7e498b0300ef66c55a3808d4d626549_s

 もう少し使えると趣味や買い物も楽しくなります

2番目は5万(25%)という回答が選ばれました。

・2万だとちょっと物足りない気がするので、5万くらいは出してもいいかと。(40代/女性/専業主婦)
・生活費と貯蓄で残りは趣味や教養に充てるのが良いです。せっかくプライベートに費やせる時間があるので。(40代/女性/無職)
・だいだい好きに洋服や雑貨なんかをネットショッピングしてると、毎月これ位は使ってしまうと思う。(40代/女性/専業主婦)
・2万だと安いので趣味が制限される。月5万で残金の貯金は支払いなどて引かれると十分ではないが、毎月コツコツ貯める(20代/女性/会社員)

やはり生活費をベースにして無理のない範囲で趣味に使う金額をこのレベルに想定しているようです。ただし、それでも月々の収入の中から貯蓄することをしっかり考えている人が多いといえるでしょう。買い物なども含め、この金額くらいまでなら負担にならないという思いもあるようです。

今もそうしているので、半分までなら趣味に使っても大丈夫です

3番目には、10万(50%)という回答が選ばれました。

・半分は貯金しておきたいので、残りの半分を自分が好きに使って良い費用にあてます。(20代/女性/会社員)
・今現在がそんな状況です。趣味があるから仕事も楽しめると思っています。(40代/女性/その他専門職)
・収入の半分くらいなら趣味に投資しても生活に支障が出るほどではないから(30代/男性/自営業(個人事業主))
・今働いている手取りが20万円以下だけど使う金額は4割近く趣味使っているので半分は使いそうだ。(30代/男性/会社員)

収入の半分を趣味に使うという人も少数ながら見られます。親との同居あるいは共稼ぎなど、ある程度生活に余裕があるのかもしれません。生活の中の趣味を重視しているせいか、すでに現在そのくらいの金額や比率の出費をしているという意見も寄せられました。

生活費を半分以下に抑えると、半分以上は趣味にまわせる?

4番目には、10万(50%)以上という回答が選ばれました。

・生活費は10万以内で収まるから、残りは自分の趣味ややりたい事、ペットの為に使うか貯金する。(30代/女性/パートアルバイト)
・貯金が趣味なので毎月10万は貯金に回します。通帳を見ながらにやけてます。(30代/女性/その他専門職)

回答者は二人しかいませんでした。一人の回答から、生活に必要な出費以外はすべて自由に使いたいという考えがうかがえます。ただし、自由に使うお金の中には貯蓄も含まれるようです。もう一人の回答からも同じように、お金を趣味に使うという意見が見られますが、この場合、趣味が貯蓄なので、自動的に収入の半分は貯蓄に回ることになるといえるでしょう。

派遣の仕事の性格上、無理せず楽しめる趣味を持つのが理想?

今回のアンケート結果から、20万円の手取り収入の中から、趣味に使える費用を5%の2万円とした人の割合が66%、そして10%の5万円とした人は28%でした。合わせると94%になりました。つまり大多数の人が収入のわずかな一部分を貴重な趣味のために使い、生活の潤いにすると考えていることが分かりました。

また、ほとんどすべての人が貯蓄の重要性を指摘しているといえます。派遣業務で頑張って稼いだ給料の一部分を大切な趣味に投資して楽しみながら、堅実に貯蓄もするという賢い生き方が見えたのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年07月14日~2016年07月28日
■有効回答数:100サンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ登録会に応募スタッフ登録会に応募

関連記事

コラムトップに戻る

  • 正社員を目指すならこちら
  • 検討中BOXを見る
  • スタッフ登録会に応募
  • 電話で応募する

上に戻る

上に戻る