• 来社登録(お仕事紹介)
  • 0120-106-914

体験談・コラム

体験談・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コールセンター求人の内部事情】仕事で落ち込んでいる後輩への、さりげないケアの仕方!

【コールセンター求人の内部事情】仕事で落ち込んでいる後輩が居るのだけど、どうしたら?そんな時の為の、さりげないケアの仕方を紹介します。

後輩と周囲の仲介役になろう

落ち込んでいる時は、往々にして他への気配りなどが行き渡らなくなるものでしょう。しかし、それでもやってくるのが人と仕事です。もしも後輩に用事があると言う人が来たら、自分が間に入り、伝言を預かるなどの対処をして後輩に立ち直る為の時間を与えましょう。

急ぎの用件である場合は、尚更自分が仲介になり、後輩の心情に配慮した伝え方を考えてみてはどうでしょうか。咄嗟には無理だというのならば、普段の余裕ある時に幾つか候補を考えておくと、少なくともいざという時、「どうすれば良いのだ」とこちらまで内心パニックになる事は避けられるでしょう。後輩が落ち込んでいる時こそ、先輩である自分がいかに冷静でいられるかが分かれ目なのです。

落ち込んでいる当人は、人へ気配りをする余裕が無くなると言いました。それはその通りですが、かといって周囲の人全員にそんな当人の現状に対した配慮を求める事は不可能ですし、かと言って落ち込んでいる本人にすぐ切り替えろという事も些か酷である場合も多いものです。

だからこそ配慮を行える人が間に入る事が大事となります。とにかく、当の後輩が社会人としての気配りを出来る状態に回復するまでは、出来るだけ仲介役に徹しましょう。

new_cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

食事に誘って気持ちを切り替えよう

落ち込んだ時、もっともシンプルかつ有効な対処の1つが「美味しい物を食べる事」です。これは食事に限らず、お茶や水などでも構いません。とにかく何かを口にする事で、ある程度の精神安定効果を得る事が出来ます。昼食時が近い時は食堂に誘ってみましょう。

そうして、後輩が受けてくれるならばそれで良しですし、仮に断られたとしても、それは相手が「1人になりたい」と思っている証拠です。それ以上はしつこく食い下がったりせず、すぐに身を引いた方が良いでしょう。

しかし、昼食まではまだまだ時間がある時、またはお昼を過ぎてから事が起こる事も多いでしょう。この場合は、「落ち込みの原因から意識を逸らす事」と「何かを口にする事で得られる精神安定効果」が目的となるので、自販機の飲み物などでも大丈夫です。

ここが「さりげないケア」のポイントとなりますが、飲み物を渡す場合は、「この飲み物をあげる」という事以外の言葉を言わない方が良いでしょう。会話のきっかけとばかりに落ち込みの原因となった仕事の話を振りでもしたら本末転倒です。

あくまで気分転換が目的なのですから、飲み物を渡す以上の言動は堪えます。しかし、後輩の方から話を振られた場合は神妙に話を聞くなど、とにかく相手の反応に合わせた対応が重要となります。

相談された時の受け答えを考えてみよう

落ち込んでいる時、意識・無意識的に関わらず、他人に求める行動は概ね次の2通りです。「話しかけて慰めてほしい」か、「とにかく放っておいてほしい」です。

前者の場合は、こちらから何かしらの話題を振る事が有効となりますし、後者の場合は逆にしばらくの間そうっとしておくのが適当となります。相談に関してもそうで、前者のタイプはこちらから「相談に乗ってあげようか」と話を振る事が丸になり、後者のタイプは向こうから「相談があるのですが」と持ちかけてくるまで待つ事が丸です。

当の後輩がどちらのタイプなのか、どうやって見抜けば良いのかと思われるかもしれませんが、これは別に見抜く必要はありません。普段のさりげない会話や飲み会などの中で、自分は落ち込んでいる時こうしてほしいのだけど君はどうなのかと普通に尋ねれば良いのです。それで相手がいざ落ち込んだ時にするべき対処の傾向が見えて来ます。

また、落ち込んでいる時に他人から欲しい言葉の種類は、大別すると「助言」か「共感」となるのではないでしょうか。相談になった場合の後輩の言葉が「どうすれば良かったのでしょうか」などの質問形であるなら前者、「自分でも反省しています」など後輩自身に向けられたものであるなら後者といったように、後輩の言葉から相手が求めている言葉の種類を考えてみると良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ登録会に応募スタッフ登録会に応募

関連記事

コラムトップに戻る

  • 正社員を目指すならこちら
  • 検討中BOXを見る
  • スタッフ登録会に応募
  • 電話で応募する

上に戻る

上に戻る