• 来社登録(お仕事紹介)
  • 0120-106-914

体験談・コラム

体験談・コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレアポとは、どんな仕事なのか初心者にも分かりやすく解説

一般的に、テレアポと呼ばれる仕事の業務内容をご存知でしょうか。テレアポとは、テレフォンアポインターを省略した言葉で、電話営業をする仕事です。

簡単に説明すれば、企業にテレアポ人員として雇われることで、会社のために新規顧客を開拓し、訪問販売の機会を得るお仕事です。「テレアポには、専門的な知識が必要なのではないの?」と思うのかもしれませんが、そんなことはありません。自分で仕事を覚える気持ちさえあれば、誰でも仕事を行うことができます。

☆テレアポの業務内容

テレアポの基本的な業務内容ですが、自社で販売している商品やサービスなどを認知していないお客様に電話をかけて、利用することを勧めるなどをします。テレアポを簡単に説明すれば、営業職ということになります。

しかし、一般的に外回りなどを行う営業とは違い、オフィスで過ごすこととなります。立ち仕事ではなく、椅子に座って仕事をすることができますので、足がむくむこともなく女性にはうれしいお仕事かもしれません。

new_c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

☆テレアポで必要な資格

テレアポとして働く際、取得しておくことで有利になる資格はあるの?と思っている人もいるでしょう。テレアポで働く際、取得しておかなければならない資格というのはありません。面接でも何も資格がないからといって、気にする必要はありませんので、明るく面接官に接するようにしましょう。

テレアポの面接では、話し方や協調性などの基本的なコミュニケーション能力があるかを判断していますので、前向きな人だと思われるように面接官に接するようにしましょう。しかし、少しでもテレアポの面接を有利に進めたいと考えるのであれば、「社団法人日本テレアポ検定協会」が実施している「テレアポ検定」というものがありますので受験してみてはどうでしょうか。

☆テレアポに向いている人

テレアポに向いている人とは、どのような人なのでしょうか。テレアポの仕事は、企業が販売している商品やサービスをセールスしなければなりませんので、商品やサービスの詳細をしっかりと理解しようとする努力のできる人が仕事に向いています。

☆テレアポで習得できるスキル

テレアポで働くと、どのようなスキルを習得できるのでしょうか。テレアポでは、1日何10件も電話営業をしなければなりませんので、電話での受け答えがはっきりとできるようになります。

☆テレアポで働くメリット・デメリット

テレアポで働くメリット

テレアポで働けば、ビジネスにおいて大切なビジネスマナーを習得することができます。電話をかける際は、お客様に対して話し方を気にしなければなりませんし、質問された際も分かりやすい言葉で受け答えしなければなりません。テレアポは、電話営業の仕事ですので、会話を通して交渉力も向上していきます。

全く知らない人に、自社の商品やサービスについて説明して興味をもっていただくことができ、それが販売につながったときの喜びは大きいでしょう。そして、なによりもビジネスマナーを仕事場で学べることは、大きなメリットだと言えます。

テレアポで働くデメリット

テレアポの仕事は電話営業なので、人からどうしても嫌がられることがあります。その結果、電話で文句を言われてしまうかもしれません。会社のために仕事を行っているのにお客様に文句を言われてしまうのは、正直なところしんどいかもしれません。

しかし、電話営業という仕事である以上、お客様にとって興味のない広告というのは喜ばれませんので仕方のないことです。その点に関しては、お給料をもらっているので仕事として受け流す必要があります。

☆テレアポの求人を探す!

テレアポの求人は一般的なバイト広告求人にも情報が掲載されていますが、正社員としての募集もあります。

求人の探し方ですが、新聞広告に掲載されていることもありますし、インターネットで探せばインターネット求人にもテレアポの仕事情報が掲載されています。

業務形態によっては、テレアポを専門とする人として会社に派遣されることもありますので、求人広告を見てあなたに合う会社を選択していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ登録会に応募スタッフ登録会に応募

関連記事

コラムトップに戻る

  • 正社員を目指すならこちら
  • 検討中BOXを見る
  • スタッフ登録会に応募
  • 電話で応募する

上に戻る

上に戻る